スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

近頃は、私は 外出のたびに5~6冊の本を抱えて外に出ます。

本は一度にそんなに読めるものでは無いのですが、どうしても、それだけの本を持って外出します。

難しい本・興味のある本・中身が無い軽い本・しっかりした内容で読む度に考えさせられる本。


その、しっかりした内容の本の一冊に、総合商社の「伊藤忠」の元社長

「丹波宇一郎」さんの本があります。

彼は、名古屋大学卒業後、伊藤忠に入社して、社長就任直後に400億円の不良債権を一括処理し、

その翌年は史上最高利益を計上した。


その後、社長退任後 民間出身の初めての中国大使に就任した。

折しも、当時民主党政権の元で尖閣列島に中国漁船が領海侵犯し、巡視船に体当たりしたり、

反日運動の最中で中国で営業している日本のスーパー平和堂が

反日ストに見舞われ甚大な被害を受けたりした。

その中で、中国日本大使として貴重な情報を提供して、

政府にも助言したと当時のニュースで聞いていました。


その提言をきちんと受け取って、適切に処理しておけば、

あのような経過にはならなかったと、当時 私は考えていました。


この、丹波浩一郎さんの生家は本屋さんで、子供の頃から沢山の書物に囲まれたいたせいで、

数多くの良い本を読んできた。

しかし、丹波宇一郎さんは無類の本好きでしたが、実際は書斎派ではなく現場主義者だと云う。


彼の、その代表的な愛読書に名作として、

フランスの思想家ミシェル・ド・モンテニューの作品「エセー」がある。

モンテニューは、人間とは知性と理性によって知識や学問を極めているのでは無く、

自己保存の動物の本質がはるかに強い。


「エセー」には、 人間とは如何に愚かな動物であるか::::::と書かれている。

確かに、人間は単なる動物と考える方が分かりやすい。

心に響く言葉である。


自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局
http://jiritu-sinkei.jp

今日堂薬局のフェイスブック:http://urx.nu/b85Y
          ツイッター:http://urx.nu/b86d




スポンサーサイト
プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
471位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。