スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラーストレス

キラーストレスという意味は、殺し屋ストレスという意味です。


こんにちは、今日堂薬局の浦川です。


ストレスが癌の原因になる事は皆さん良くご存知ですね。


それだけではありません。


ストレスは、あらゆる病気の原因となることが証明されつつあります。


これを明らかにしたものが、NHKの特別番組で放送されました。


ストレスを甘くみてはいけません。


ストレスは命にかかわるのです。


昔は、「風邪は万病の元」と言いました。


現代は、「ストレスは万病の元」と言い換えられるのです。


昔風に云うと「気苦労は万病の元」と云う処でしょうか。


実際、全ての病気にストレスが関係しています。


勿論、自律神経失調症の最大の原因はストレスです。


: 095-823-8805
FAX: 095-823-8816
mail: kon-nichido@aqua.plala.or.jp



自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局の紹介:http://jiritu-sinkei.jp

今日堂薬局のフェイスブック:http://urx.nu/b85Y
          ツイッター:http://urx.nu/b86d

スポンサーサイト

呑気症

おはようございます。


今日堂薬局の浦川です。


呑気症(どんきしょう)という症状をご存じでしょうか。


知らない間に空気を呑みこんでしまう症状です。



飲みこむ空気が多いので自然とゲップが出ます。


その一部は、腸管からガスとなって出て行きます。


この呑気症も自律神経失調症の症状の一つと考えられます。


どうして、空気を呑みこむことが自律神経失調症と関係が有るのかと思われるでしょう。



呑気症の原因として考えられるのは、


ストレスを感じると体が緊張します。


身体が緊張すると、無意識に唾液を呑みこみます。


その時に、一緒に空気を呑んでしまうのです。


緊張すると、固唾をのむという心理状態から、


思わず唾液と空気を呑みこんでしまうのです。



その結果、自然にゲップが出てきます。


お腹にガスが溜まるので腹部膨満感を感じます。


特に、上腹部膨満感を伴います。


心の緊張や、不安感から、身体の緊張に繋がり、


唾液と空気を呑みこんでしまうのです。



この呑気症は本人にとって気になる不愉快な症状です。


このような、呑気症は漢方薬で自律神経失調症を治す時に、


症状の一つとして、自律神経失調症と一緒に治して行きます。


電話: 095-823-8805
FAX: 095-823-8816
mail: kon-nichido@aqua.plala.or.jp



自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局の紹介:http://jiritu-sinkei.jp

今日堂薬局のフェイスブック:http://urx.nu/b85Y
          ツイッター:http://urx.nu/b86d

過呼吸症




おはようございます。今日堂薬局の浦川です。


過呼吸症は正式には「過換気症候群」と呼ばれます。


呼吸できなくなるのではないか、


そのような恐怖感から、深く・早く・呼吸をし過ぎる事で、


肺の中の炭酸ガスが排出され血液の濃度がアルカリ側に傾きます。


これを、呼吸性アルカローシスといいます。


発作の為に、意識混濁などの神経的な症状


しびれ、けいれんなどの筋肉症状が表れます。


やはり、精神的な不安感が原因として考えられます。


一応、内科の診断を受けて原因が心理的なものか、


器質的なものかを確かめて、精神的なものであれば、


漢方薬の治療で根本的に治して行く事が、結局は一番の早道になります。


勿論、当面の処置としては精神安定剤が有効です。


ただ、発作が起きて30分から1時間以内に発作は治まります。


漢方薬は予防的な効果も有ります。


同時に、治療して行きますから、普段から 発作がある方は


平素から漢方薬を服薬して、確実に治療される事をお勧めします。


電話: 095-823-8805
FAX: 095-823-8816
mail: kon-nichido@aqua.plala.or.jp



自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局の紹介:http://jiritu-sinkei.jp

今日堂薬局のフェイスブック:http://urx.nu/b85Y
          ツイッター:http://urx.nu/b86d

パニック障害

朝のNHK、連続放送ドラマ 「アグリ」 を覚えていますか?


アグリの主人公「田中美里」さんがパニック障害になって


電車に乗れなくなった。


そんな話を、聞いたのは平成19年の放送の時でした。


もう20年近くなります。


田中美里さんはパニック障害で悩んでいました。


一般的には、電車に乗ろうとする時、


スーパーのレジ待ちの時に、不意にパニック障害が起きてしまう。


パニック障害が起きる前に、予期不安の症状が起きます。


パニック障害が起きるのではないか、その不安感が頭をよぎります。


心理的な影響が強いので、一度パニック障害が起きると


同じような場面でパニック障害が起きてしまいます。


発作が起きると、


突然、激しい動悸や、心臓の痛み、胸痛、頻脈、などの胸の不快感、


息苦しい、発汗、ふるえ、呼吸が出来なくなる、


ふらつき、めまい、立ちくらみ、などの症状が起こります。


いわゆるパニック状態になり、


このまま死んでしまうのではないかという不安・恐怖感に


とらわれるのがパニック障害の特徴です。


時には、救急車を呼んで病院に搬送されることもあります。


でも、発作は大体1時間以内に収まります。


病院で検査をしても、何の異常も見つかりません。


治療法は色々ありますが、漢方薬の治療は、


ゆっくり治って行きます。


人により、症状の重い軽いという個人差が有りますが、


確実に治って行きます。


電話: 095-823-8805
FAX: 095-823-8816
mail: kon-nichido@aqua.plala.or.jp



自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局の紹介:http://jiritu-sinkei.jp

今日堂薬局のフェイスブック:http://urx.nu/b85Y
          ツイッター:http://urx.nu/b86d





プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
4538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
687位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。