FC2ブログ

STAP細胞

最近、大きな話題の一つはSTAP細胞の発見とそれにまつわるゴシップです。

STAP細胞の発見は、世界的な大発見です。あるいは歴史を変える大発見になるかもしれません。
理化学研究所の小保方さんは若くて、しかも女性でこのような歴史的な大発見をしたのは
画期的な事だと思います。

それに反して、最近の理化学研究所のゴタゴタは、すっきりしません。
一番大きな問題なのは、細かいミスではなく、STAP細胞の発見が正しいかどうかです。
論文にまつわる、いくつかのエラーは周辺の細かい問題です。

このSTAP細胞の実証が本質的な問題です。
なのに、周辺のミスばかり取り上げて、あら探しをしているような感じです。

理化学研究所のような、学者の集団というのは自分の成功、
名誉のために一生懸命努力を続けている所だと思います。

ただし、学者も人間です。小保方さんの成功に対して、ねたみ、そねみ、嫉妬、反発も強いのだと考えます。
相手が、若くてしかも女性だから、出る杭は打たれるの諺どおり、叩きやすいのでしょう。

世界的な追試・実証が上手くいかないので、付け入るすきを見つけて、
周辺の学者が、一人の若い研究者を寄ってたかって、袋叩きにしている様に見えます。

昨日も、調査委員会の委員長の論文にミスが見つかって委員長を辞職する羽目になりました。
人の論文のあら探しをしていた人が、自分の論文にもミスがあったということです。

世界的な発見というのは、常に周辺の学者によって、アンチテーゼ(反対論)で攻撃されます。
そのような、厳しい関門を潜り抜けた発明・発見のみが世界的に認められます。

今の、状況はそのような過程にあるのだと考えています。
STAP細胞の結果が証明されれば今の状況は吹っ飛ぶと思います。

自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局
http://jiritu-sinkei.jp



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

STAP細胞もいろいろな問題が出て来るばかりで、何が本当で、何処までが嘘?なのか解りません。一番の解決方法として小保方さんが皆の前で作って見せるって事が出来無いんだろうか?って思います。 仕事仲間にも研究所にも裏切られた用な形に成っているので、可愛そうですね、テレビでの会見の時、目もうつろな感じに成っているにもきちんと受け答えをし、とてもメンタルの強い方だと感じました。

No title

STSP細胞のような大発見は、発明にともなう特許が絡んでくるので
公開できないのでしょうね。
再現実験が出来るとよいのですが、簡単には再現が出来ないレベルだと思います。

特許料は莫大な金額になると思います。この特許の子・孫・など関連する様々な特許が派生すると想像がつきません。
確かに、自分の意思を曲げないで信念を貫き通す強い精神力があればこそ、これだけの大発見が出来たのだと思います。
プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
600位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR