FC2ブログ

弱きをくじき、強きに媚びる。

理化学研究所の調査委員長の改ざんデーターが明らかになり、委員長を辞職しましたが、
今度は、京都大学のiPS細胞の第一人者の山中教授にも改ざんデーターの疑いがもたれました。

小保方さんの時は、学会揃って集中攻撃をしましたが、山中教授の場合は即座に問題ないとの判断です。
実際はどうなのか分かりませんが、日本を代表する研究者の疑惑に対しては誠に寛大です。
研究機関のトップを弾劾すると今度は自分たちの立場が危なくなる!と思ったんでしょうかね。

研究機関の権威に対しては、何ら問題ない。似たようなことをしても、若い研究者には、厳しく当たる。
強いものには、媚びて、弱いものは上から目線で、思いっきり叩く。

あげくの果てに、調査委員長自身が改ざんデーターを指摘されて、慌てふためいて辞任する。
研究機関の組織の実態はどうなっているのでしょうかね。

世間とは かけ離れた学者の世界では、その裏は どのようになっているのか興味津々です。

自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局
http://jiritu-sinkei.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

何だか、粗探しの様な状態に成っていますね。 人の粗探しをしていた結果、自業自得に成った方も有りましたね。 誰しも、我が一番に成りたい気持ちがあるのかな?小保方さんも可愛そうですね。誰もがSTAP細胞に期待を持っていますよね。

No title

最初の発表から、おかしな方向に発展していますね。
本当は、STAP細胞が確認・再現できて、若返りが出来るのであれば我々にとっても恩恵があってよいのですが。、

出来れば、我々が生きているうちに実現して欲しいものですね。
プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
600位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR