FC2ブログ

医薬品のインターネット販売

医薬品のインターネット販売が正式に許可になりました。
これまでは、厚生労働省がネット販売を規制していました。

インターネットの時代にネットでの販売を規制するというのは時代遅れです。
医薬品以外の全ての商品がネット販売をしています。
全世界の時代の流れです。

副作用の無い漢方薬にまで規制するという、常識では理解できない規制をしようとしました。
中央官庁は自分達の省庁の権限を強くしようとする傾向があります。

規制を強化するのは、権限の強化です。それは、自分たちの権力を広げようという事です。
国民の利便性を高めて、経済活動を向上させるのが省庁の本来の務めです。
ところが、自分たちの省庁の「省益」を一番に考えています。

ただし、医薬品は適正に使われなければなりません。
違法ドラッグや麻薬・覚せい剤などは監視を強めて市中に出回らないように
規制を強化しないといけません。必要な規制は強化するべきです。
正しい判断が必要です。

自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局
http://jiritu-sinkei.jp




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

薬にも、1類から3類まで有り、1類以外は何処でも売る事が出来る用に成り1類を売れる人は、国で定められたテストを受け合格者にしか売る事が出来無いそうですね。 今まで合った薬店はほとんど店仕舞いされ、薬局と大型ドラッグストアはどんどん増えています。ほとんどのドラッグストアは、生物以外はス-パ-かと思うほどの食品を販売されています。こうなれば小さな商店は、ほとんど店仕舞いに追い込まれ、またインターネットでの購入許可が出来良い所もあれば、悪い所も有ります。でも漢方薬のインターネットでの販売は、有ってほしいですね。

No title

薬局・薬店・ドラッグストアなどの業態は時代によって大きく変わりました。
今は、薬局と云えば、調剤薬局です。薬店は無くなっています。

やはり、大手資本のドラッグストアが勢いを増しています。
今では、ドラッグストアが調剤薬局を併設している処が多くなっています。

今後は、コンビニが調剤薬局を併設するようになるでしょう。
コンビニにドラッグストアを併設することもあるでしょう。
これからは薬もインターネットで買うのが普通になると思います。
プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
600位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR