FC2ブログ

医薬品の副作用ー「プロポフォール」

東京女子医大病院で、小児への使用が禁じられている鎮静剤を投与された2歳男児が死亡しました。
この医療事故で、死亡した男児と同様に禁止薬を投与された63人のうち、12人が死亡していたことが分かりました。

不可解なのは、大人の2・5倍の量を投与されています。
死者は合計13人になり、12人の多くは感染症で亡くなったと発表していますが、現在調査中です。

 問題となっている鎮静剤は、人工呼吸中の小児への使用が禁止されている
「プロポフォール」という薬物です。

そのプロポフォールという薬物は、2009年米国の人気歌手、
マイケル・ジャクソンさん(当時50歳)の死因が、
プロポフォールの過剰投与だったと云う。

 事故後に調査したところ、15歳未満の63人に投与されていたことが判り、
当初は死亡例はないと公表していましたが、さらに調査した結果、
新たに12人が死亡していたことが分かったという。

 男児の死因について、執刀医らはカルテにある「自然死」ではなく、
禁止薬を使ったことによる「異状死」と指摘しているそうです。

なぜ、東京女子医大病院では、人工呼吸中の小児への使用が禁止されている
「プロポフォール」という薬物を大量に投与したのでしょう。

これは、ふつう考えられない 「初歩的なミス」 です。


自律神経失調症専門・今日堂漢方薬局

http://jiritu-sinkei.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

怖い事ですね、私くし達は、病気になれば お医者さんを信じるしか有りません、この頃 医療事故が多く、簡単な手術でも怖いですね。

No title

確かに怖い事です。
不可解な薬物投与です。

これは基本的なミスです。
大学病院でこのような初歩的なミスをする事は普通考えられません。

しかも、繰り返し起こっています。
厚生労働省も珍しく対応が早く立ち入り調査をしています。

どのような事実が、判明するのでしょうか。
後日、発表されます。
プロフィール

かんぽうしょうちゃん

Author:かんぽうしょうちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
自律神経失調症・漢方バナー
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
600位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR